『怒涛の鯨のタタキ』
2018年1月の犬バカ愛日記


〔トップページへ〕 〔犬バカ愛日記目次ページへ〕



   
2018/1/1(月)元日
新年の抱負(にゅーいやーずれぞりゅーしょん)

平成30年、戌年初日。晴れ。時々雨、風強し。

いつもより30分遅れてスタートの朝散歩。

午後の散歩は2時からで1時間10分、遠くまで歩いた。

帰り道で、フェイクファーの襟付きダウンベストを着込んだミニピン?と会った。
キャンキャン吠えられ、一瞬ガウガウした万太郎だが、
結局は挨拶に成功。飼い主さんにも挨拶していた。


万太郎の新年の抱負、「犬と悠然と挨拶し、すれ違いたい。」

私の新年の抱負、「引き続き、身辺整理。」

そして、「あきらめない。」





   
2018/1/3(水)
ありのままこそ誠実

今朝の新聞第一面に、昨日の新年一般参賀の画像。

「何このぴらぴらは?」と母。

「それ、皇后のお洋服、ヒラヒラ付きデザイン。」


今年の衣装は黄色系。黄色は中国の皇帝の色よ、確か。
お手ふり用に、ひらひら付きは色違いでいっぱいあるよ。
金糸銀糸の刺繍は欠かせないわね、目立たない程度に。


ヒラヒラロングケープバージョン、とか。
キラキラスパンコールや刺繍は忘れないわ。


天皇陛下が即位した時のヒラヒラはしっかり力入ってるよね。
髪型はいつも通り、サザエさんのおかあさんのフネさん風で。




薄手のドレスの時だけじゃなくて、コートの時だって、袖とケープと合体させるよ。
・・・コートかな?



お出かけの時だけでなくて、家族写真撮影で庭に出た時でさえ、ケープ付き。

大きな袖はすべてを包み込むのよ。
アタクシ流包容力の表現。・・・かな?


袖の長さに合わせて?、帽子もマフも思いっきり大げさにするよ。



この毛皮のベスト(袖付き)、他にはないデザインでしょ。
ハイネックのニットが包帯に見えるでしょ。
ウエストのおリボンもデザイン過剰でアタクシ流よね。


すべては尊敬するローマ法王のファッションをリスペクトゆえに。
日本の伝統? そんなもんよりアタクシ流優先。


畳のヘリに似てる?襖紙にも似てる?
裾も2段にしてみたわ、これがアタクシ流。

袖はこのデザインが一番アタクシ流ね。


袖には切れ目が入っているから、素肌を見せることもできる。
寒くなんかないわ♪


寒い時は、アームカバーを付けるのよ。
ピンクの衣装に黒のアームカバー、きりりと引き締まるわね。
さすがアタクシ流デザインだわ、万能だわね。

真冬の強風の時も、袖は割れていなくちゃ。
これがアタクシ流。



拾い物コラ画像。

「国民に寄り添う・・・」、「慈愛の・・・」

ごてごてに飾りすぎた姿に、その思いは見えない。



野鳥はその羽で雛鳥を守る。
目立つための翼ではない。




野鳥の美しい羽は、目立つためのものではない。
ひな鳥をその翼で守る野鳥の姿に、自然体のありのままの美しさを見る。


ごてごてと飾りつけた意味不明ファッションで、
ありのままでいられない人に、慈愛があるはずがない。

だまされてはいけない。





   
2018/1/3(水)
強風の中の散歩。

朝の散歩で冷たい風。

日中、晴れるとますます風は強くなり、ひょぉぉぉ〜と音を立てる。

いつもの散歩ファッションでは寒風に負けるに違いない。
こういう時こそ、南極観測隊仕様のダウンジャケット。
こういう時のために購入したのは20年前だったか。

この間、出番は二度、あったかどうか。

大きい、分厚い、重い。
セットのダウンパンツまで着用すると、多分動けない。

このジャケットでようやくしのげるほどの強風だった。

そして万太郎は、自前の毛皮コート着用の四輪駆動犬。
風にあおられず、ゆらがず、しっかり踏ん張って散歩した。





   
2018/1/9(火)
今朝方見た夢

近頃必ず4時8分ごろに目が覚める。
目を閉じるとすぐにまた眠りに落ちる。
目覚ましは5時20分。たいていはふわっと2度寝している。油断すると1時間ほど寝てしまう。

今朝は、5分後に、犬の鳴き声で目を覚ますまでの間に、夢をふたつ見ていた。
なお、この犬の鳴き声は現実のものではない。空耳だ。
万太郎が吠えるのではないかと常に気にしている私には、車の音や風の音も犬の声に聞こえる時がある。


最初の夢

私は高いところから下を見ている。バルコニーのようなところ。
父がどこかへ行くのが見えた。旅支度をしている。

次の瞬間、私は父の隣にいる。
「どこへ行くの?」

「死にに行く。」

父は30そこそこの若い頃の外見で、茶系のスーツを着ていた。茶色の革のトランクを持っている。

「お父さん、他所じゃなくて家で死のうよ、」と私は父の腕に手をかけ引き留めた。

次の瞬間、父と私は家の中らしき場所にいて、私の前にはパンフレットが広げられている。
それは別荘地のような、父が行こうとしていた場所の案内だった。

画像は「三つ揃いの茶色のスーツ」で検索して出てきたラルフローレンの画像。




もうひとつの夢

私は小さな子犬と遊んでいる。
せいぜいチワワくらいの小さなその犬を手荒く扱っている。

その子犬の左のまぶたに小さな傷があるような気がした。
それがわかっているのに、それでもまだ押しやったり投げたりして荒っぽく遊んでいる。

その子犬が「ちょっとボク目を怪我しているんだけど」とでも言うかのように、前足で自分の目を指差した。

「あら人間みたいなしぐさをするのね」と私はおもしろがっている。
その子犬はチワワではなく、白っぽいコーギー犬だった。
その犬の左のまぶたは目じりが腫れていて少し切れている。
痛そうだ、と思った。


画像は2代目ジェリーの、うちに来た日の一枚。
夢の中の子犬はもっと白くてもっと小さかった。





他の月分も読んでね☆〔日記目次へ〕